下手の物好き

|

日頃の撮影記録やのんびりと気分的に開発してる誰得ツールの制作記録など

2015年06月11日の記事

G7サミットから帰還した政府専用機とドクターイエロー

ドイツで開催されていた主要7カ国首脳会議 (G7サミット) の日程を終えて、安倍総理が日本時間6/9夕方に帰国。

B747の政府専用機は数年後には見られなくなってしまう。あまり天気はよくなかったが見に行くことにした。

 

1時間前に到着

ドイツ・ミュンヘン国際空港を出た時間から、16時半〜17時くらいだろうと当たりをつけて羽田空港へ。

1時間前に第二ターミナルの展望デッキに到着して、目の前を過ぎる機体をのんびり眺めながら待つ。

妙に機体がキレイで目に留まったのは去年12月に就役したJA835A。

成田へのフェリーフライトのようだ。

16:35 ANA9372便 B787-881 JA835A @ 羽田空港

16:35 ANA9372便 B787-881 JA835A @ 羽田空港

ANAの機体ばかりで飽き始めていたところに、海上保安庁のプロペラ機がやってきた。

16:45 DHC-8-315Q MPA JA725A @ 羽田空港

16:45 DHC-8-315Q MPA JA725A @ 羽田空港

 

RWY23に着陸

少し前から無線に「JF001」のコールサインが聞こえていたが、ようやく機影が見えてきた。

もう羽田にやってくるB747は数少ないので間違いないだろう。

16:46 政府専用機らしき機影

16:46 政府専用機らしき機影

尾翼の日の丸を確認。任務機の20-1102だ。

16:46 尾翼の日の丸

16:46 尾翼の日の丸

RWY23までは距離があるので、ずいぶんゆったりとしたスピードに見える。

16:47 RWY23に進入するJF001便 B747-47C 20-1102 @ 羽田空港

16:47 RWY23に進入するJF001便 B747-47C 20-1102 @ 羽田空港

無事にタッチダウン。RWY23まで届く超望遠が欲しい…。

16:47 RWY23にタッチダウンしたJF001便

16:47 RWY23にタッチダウンしたJF001便

アクアラインの風の塔と政府専用機。

機体のすぐ左奥を東海汽船の「セブンアイランド友」が通過。同じボーイング社製のB929。

16:50 風の塔と政府専用機 @ 羽田空港

16:50 風の塔と政府専用機 @ 羽田空港

やはりRWY23は遠い。着陸してからここまで10分近くかかる。

16:56 第二ターミナル前を通過

16:56 第二ターミナル前を通過

相変わらず機体がピカピカに磨かれていて美しい。

そのまま第二ターミナル前を通過して行く。

16:56 JF001便 B747-47C 20-1102 政府専用機 @ 羽田空港

16:56 JF001便 B747-47C 20-1102 政府専用機 @ 羽田空港

JF001便が着陸した頃、JF002便の無線も入っていたがとりあえずこちらを追いかける。

 

安倍総理、降機

P3駐車場に着くと、ちょうどタラップ車が据え付けられるところだった。

JF001便はいつものようにV1スポットに入っている。

17:01 JF001便にタラップ車が据え付けられる @ 羽田空港

17:01 JF001便にタラップ車が据え付けられる @ 羽田空港

首都高湾岸線上りはいつものように規制されて渋滞が起きている。

17:02 湾岸線規制で渋滞発生

17:02 湾岸線規制で渋滞発生

ドアが開いてから少しして安倍総理と昭恵夫人が降りてきた。

17:03 政府専用機から安倍総理、昭恵夫人が降機

17:03 政府専用機から安倍総理、昭恵夫人が降機

待ち構えていたマスコミに会釈して車に乗り込んで行った。

17:05 安倍総理を乗せた車列が出発 @ 羽田空港

17:05 安倍総理を乗せた車列が出発 @ 羽田空港

このあとJF002便の着陸も撮ろうと、一旦第二ターミナルへ戻ったのだが、どうやら入れ違ってしまったようだ。

しばらくしてからP3駐車場へ様子を見に行くとすでにV2スポットへ到着済みだった。

17:58 V2スポットにJF002便 20-1101も到着 @ 羽田空港

17:58 V2スポットにJF002便 20-1101も到着 @ 羽田空港

しばらく動きはなさそうなので、30分ほど撮影したのちターミナルビルへ夕飯を食べに行く。

 

のんびりしすぎた…

どうせすぐには出ないだろうと高をくくって、戻り途中の夕焼けをのんびり撮っていた。

19:08 羽田空港からの夕焼け

19:08 羽田空港からの夕焼け

7Fに上がると何か様子がおかしい。政府専用機が1機のみ。

不思議に思いながら横を見ると、すでに滑走路に向けて動き出していた。

まもなくターミナルビルの影に隠れてしまうところで、慌てて撮ったのでブレブレ…。

19:08 CYGNS02便 B747-47C 20-1102がタキシング

19:08 CYGNS02便 B747-47C 20-1102がタキシング

あと数分来るのが遅かったら行ってしまったことすら気付かずに終わるところだった。

クリアランスを聞いてたはずなのに妙に静かだと思ったら、何かの拍子にダイヤルが回って周波数が変わってしまっていた…。そりゃ何も音がしないわけだ。

 

再び第二ターミナル

急いで第二ターミナルの展望デッキに戻る。

CYGNS02便はちょうどこれからRWY34Rを離陸滑走するところ。

19:18 (奥) RWY34Rを離陸滑走するCYGNS02便 B747-47C 20-1102 (手前) ANA759便 B777-381 JA754A「ピースジェット」 @ 羽田空港

19:18 @ 羽田空港
(奥) RWY34Rを離陸滑走するCYGNS02便 B747-47C 20-1102
(手前) ANA759便 B777-381 JA754A「ピースジェット」

練習なしの一発勝負。なんとか止まってくれた。

19:19 CYGNS02便 B747-47C 20-1102 政府専用機 @ 羽田空港

19:19 CYGNS02便 B747-47C 20-1102 政府専用機 @ 羽田空港

20-1102は千歳へ向けて夜の空へ消えて行った。

19:19 千歳へと帰って行く20-1102 政府専用機 @ 羽田空港

19:19 千歳へと帰って行く20-1102 政府専用機 @ 羽田空港

日が暮れて一気に暗くなってきたが、問題なく撮ることができて「D4S」の強さを改めて思い知った。

「D300」ならもうこの暗さでは撮影を諦めるレベルだった。

 

そのまま待っていると今回副務機だった20-1101も出てきた。

しかしこちらは自走ではなく、トーバーレストラクターに牽引されている。

19:33 トーバーレストラクターに牽引される20-1101 @ 羽田空港

19:33 トーバーレストラクターに牽引される20-1101 @ 羽田空港

そのまま第二ターミナル前を通過。ピースジェットとも顔を合わせる。

19:35 第二ターミナル前を通過する20-1101 @ 羽田空港

19:35 第二ターミナル前を通過する20-1101 @ 羽田空港

どうやら今日は千歳へ帰らず、そのまま整備工場に向かうようだ。

19:39 J2誘導路を進むB747-47C 20-1101 政府専用機 @ 羽田空港

19:39 J2誘導路を進むB747-47C 20-1101 政府専用機 @ 羽田空港

あと5分遅かったら諦めて帰るところだったのでジャストタイミング。

J2誘導路から曲がって見えなくなるまで見送り、そのままモノレールに駆け乗った。

 

こだま検測

次に向かったのは東京駅。

ホームに着いたのは2分前だったが、この時間ならさすがにママ鉄たちもいないので、東京駅でも静かだ。

回送続きで誰もいないホームを広角で狙おうとしたのだが、ドクターイエローの姿を見て走ってきた人に割り込まれ、慌てて避けたら変な構図に…。

20:30 試3982A 923形トウT4編成 ドクターイエロー @ 東京

20:30 試3982A 923形トウT4編成 ドクターイエロー @ 東京

こだま検測を終えて17番線に到着。

17番線に到着したドクターイエロー

17番線に到着したドクターイエロー

2号車はまだ集電用パンタグラフが上がっている。

2号車・923-2の集電用パンタグラフ

2号車・923-2の集電用パンタグラフ

4号車の検測用台車。ヨーダンパが2個も付いていて全体的にゴツい。

4号車・923-4の検測用「TTR8001」台車

4号車・923-4の検測用「TTR8001」台車

7号車・923-7側の先頭には空気の流れを感じさせる汚れがある。

20:47 試3937A 923形トウT4編成 ドクターイエロー @ 東京

20:47 試3937A 923形トウT4編成 ドクターイエロー @ 東京

発車3分前にパンタを進行方向側に切り替えて発車。大井へと帰って行った。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr