下手の物好き

|

日頃の撮影記録やのんびりと気分的に開発してる誰得ツールの制作記録など

ANA機体メンテナンスセンターを見学してきた

ハンガーへ入場

扉を抜けると目の前に巨大な空間が広がっていて、数機の飛行機が整備を受けていた。

整備エリアへ入場

整備エリアへ入場

入って目の前にいたのはB767-300ER。

L1ドアに階段状の足場を寄せて内部の整備をしているようだ。

L1ドアを開放して整備中のB767-300ER JA625A

L1ドアを開放して整備中のB767-300ER JA625A

見学に使われている通路には滑走路に見立てたペイントが施されている。

建物の向きは滑走路と並行なので、「16L」の表記もあった。

16L-34R通路

16L-34R通路

重整備をする際には天井から吊られている可動式の足場が機体を囲うように寄せられる。

機体整備用の可動足場

機体整備用の可動足場

この日はB700-200 JA743Aが足場に囲まれていた。

真後ろから見ると尾翼が進行方向に対して極力細く、空気抵抗が少なくなるように設計されているのがよく分かる。

真後ろから見るB777-200 JA743A

真後ろから見るB777-200 JA743A

B777の特徴の1つである機体後部。

先端は角張った形状で、駐機中にメインエンジンを停止して発電が止まっている間の電力を作る補助動力装置 (APU) の排気口が左側に寄っている。

左へオフセットしているB777のAPU排気口

左へオフセットしているB777のAPU排気口

1Fフロアへ

階段で1Fへと下りる。

1階フロアへ移動

1階フロアへ移動

階段を下りたところにはランディングギアに使われるタイヤが保管されていた。

機種ごとにサイズが違うので分けられている。

約200回の離着陸を目安に交換されているようだ。

機種別、ギア別に分けられているタイヤ

機種別、ギア別に分けられているタイヤ

少し奥に行ったところにあったA320とB737用の停止線。

ここにノーズギアを合わせて止めて整備するのだろう。

A320、B737のノーズギア停止線

A320、B737のノーズギア停止線

近くには地上電源の取り出し口もある。

地上電源の取り出し口

地上電源の取り出し口

そのまま建物の反対側の大きなスライド扉が開いているところへ。

機体整備工場のエプロン横は34L滑走路の終端なので、2〜3分おきに飛行機がやってくる。

さすが世界で多忙な空港トップ10入りしているだけある。

着陸機のタッチダウンのポイントは、右隣にあるJALのハンガーよりさらに向こうのほうなので、JALからのほうが撮りやすい。

ちょうど熊本からのB787-8がやってきた。

RWY34Lに進入する熊本からのNH646便 B787-8 JA824A

RWY34Lに進入する熊本からのNH646便 B787-8 JA824A

その近くには取り出されたメインエンジンが置かれていた。

大型機のエンジン内部など、こういう機会でなければ見られない。

メインエンジンの中身

メインエンジンの中身

先ほど尾翼側から見たB777-200 JA743Aの前側。

前まですっぽりと足場に囲まれている。

足場に囲まれているB777-200 JA743A

足場に囲まれているB777-200 JA743A

 

足場は川崎重工業製のようだ。

足場の「KAWASAKI Heavy Industries」表記

足場の「KAWASAKI Heavy Industries」表記

メインエンジンはカバーが開けられて中の整備をしているようだ。

点検のためカバーを開いているB777-200のPW4090エンジン

点検のためカバーを開いているB777-200のPW4090エンジン

その隣のB767-300ER JA625。

比較的少数派のウィングレット装備のB767だ。

整備中のB767-300ER JA625A

整備中のB767-300ER JA625A

テールスキッド付近の点検孔が開いている。

近くで見る尾翼はより大きく見える。

JA625Aの尾翼

JA625Aの尾翼

主翼付近では外板が外され、中の配線などが見えている。

主翼まわりの外板を外して点検している

主翼まわりの外板を外して点検している

工具箱は共有せず1人1箱になっている。

もし工具が1つでもなくなっていたら即事故に繋がり兼ねないので徹底的に探すそうだ。

工具箱は整備士1人ずつ別になっている

工具箱は整備士1人ずつ別になっている

ハンガー内は最大で5機を同時に収容できるほど広いので、移動用の自転車が用意されている。

後ろに大きめの荷物が積める3輪車となっている。

整備エリアの見学おわり

整備エリアの見学おわり

これにてハンガー内の見学はおわりとなった。

元いた建物へ戻る途中の連絡通路から、05滑走路へ移動するB777-200が見えた。

多摩川の河口に位置するので、水流を妨げないために一部が桟橋状になっている。

RWY05から離陸する福岡行きのNH259便 B777-200 JA702A

RWY05から離陸する福岡行きのNH259便 B777-200 JA702A

pages: 1 2 3

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

記事へのコメント