下手の物好き

|

日頃の撮影記録やのんびりと気分的に開発してる誰得ツールの制作記録など

みずほ銀行の「LINEでかんたん残高照会」

10/15からみずほ銀行の新しいサービスで、「LINEでかんたん残高照会」が始まった。

 

公式アプリから直接残高が見られない

いつもみずほ銀行の他に三菱東京UFJ銀行 (以下MUFG) を利用しているのだが、MUFGのiPhone公式アプリと違い、みずほ銀行のは残高照会や振込の際はブラウザが立ち上がるのでアプリ内では完結しない。

いちいちsafariにタブが残って面倒に感じていた。

 

LINEのトーク画面を使って残高確認

今回のサービスでは「LINE」のトーク画面から話しかけることで残高などを確認できるようになった。

まずはみずほ銀行のアカウントを友だち登録する。

みずほ銀行のアカウントを友だち登録

みずほ銀行のアカウントを友だち登録

次に中段にあるリンクから専用スタンプをダウンロード

ハリ田みず吉。ニックネームは「みずっち」だそうだ。

ハリ田みず吉の教えて!スタンプセット

ハリ田みず吉の教えて!スタンプセット

あとはこのスタンプを使って話しかけるだけだ。

早速スタンプを送ってみたが、初回登録が済んでいなかったので出なかった。

返ってきたリンクから初回登録を行う。

初回登録が必要

初回登録が必要

登録を済ませてスタンプを送ってみると、直近10件の入出金明細や残高が返ってきた。

タイムラグは1〜2秒ほど。

入出金明細(直近10件)や残高が返ってきた

入出金明細(直近10件)や残高が返ってきた

「残高照会」「入出金明細」「メニュー表示」の3種類のスタンプに対応しており、それ以外のスタンプには判別不能のメッセージが返ってくる。

他の5種類は対応していない

他の5種類は対応していない

面白がって連投していたら「しばらくお待ちいただき…」となってしまった。

連続では使えないようだ。

連続では使えない

連続では使えない

ちなみにスタンプを選ぶのが面倒な時は、「残高」「明細」「メニュー」という文字でも反応する。

文字でも反応する

文字でも反応する

 

セキュリティに注意

とても簡単に残高などを確認できるようになった反面、他人にも見られてしまいやすくなる

登録時にLINEのパスコードを設定するように出るのもこのためだ。

念のためiPhone本体のパスコードとは別のものにしておくとよいだろう。

また最近は以前ほどではないとはいえ、相変わらずLINEアカウントの乗っ取り事件は起こっているようなので、もし乗っ取られてしまったら口座情報も筒抜けになってしまう。

このサービスを使うこと自体にリスクがあることは承知しておく必要がある。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr

記事へのコメント