下手の物好き

|

日頃の撮影記録やのんびりと気分的に開発してる誰得ツールの制作記録など

ガラスの映り込みを無くすレンズフード「ULH」を使ってみた

見晴らしの良い高層ビルの展望台から眼下の風景を撮ったときに、どうしても気になるのは映り込み。

中には室内照明を暗めにして反射が少なくなるよう工夫してくれているところもあるが、通路照明などで完全に映り込みが0になることはない。

レンズの近くを片手で覆うなど工夫すればある程度なら撮れなくもない。しかし画角が広めになれば手だけでは覆いきれずに光が漏れてしまったり、そもそも手自体が反射して映り込んでしまうことも。

布で覆うのは有効的ながら、手で布の端をつまむか、布を支える型枠を作らなくてはならない。

持ち運びも考えるとある程度の柔軟性があって、変形もさせやすいものが良い。

 

クラウドファンディングに「ULH」が登場

昨年12月に各クラウドファンディングサービスにて、「ULH」というガラスの映り込みを無くすレンズフードが登場した。

ずっと待ち望んでいたものだったので始まってすぐMakuakeにて購入した。

あっという間に目標額を達成して、今年2月末の終了時点では目標200,000円に対して40倍以上の8,466,100円が集まり、それだけ潜在的な需要があったことを裏付けた。

 

シリコン製のレンズフード「ULH」

4月上旬、ついに「ULH」が届いた。

ゆうパケットで届いた「ULH」

今回購入したのは標準サイズの「ULH」。

「ULH」とは「Ultimate Lens Hood」の頭文字だ。

コンデジやスマホ外付けレンズ用の「ULH mini」という一回り小さいものもあったが、使わなそうなので今回は購入せず。

「ULH」の外箱

さっそく箱から出してみた。

「ULH」本体のほかにThank youカードとロゴ入りクリーニングクロスが入っていた。

「ULH」を開封

材質は厚手のシリコン。重さは約230g (多少の計測誤差アリ)。

端のほうに「ULH」のロゴが入っている。

端にロゴが入っている

レンズを入れる穴の口径は60mm。シリコンなので手で引っ張ると簡単に広げることができる。

公式資料には60mm〜115mmの口径のレンズに使えるとのこと。

口径が決まっていないので様々なレンズに対応できるのは便利だ。

自分が所有している中で一番口径の大きい「AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VR」(口径95mm) でも問題なく取り付けることができた。

シリコン製なのでよく伸びる

なお伸びるといっても引っ張るのに割と力が必要だったので、実際に取り付けてみると何回かに1回はレンズ面を触ってしまった。

面倒だが一旦レンズカバーを付けた状態でやったほうが安全そうだ。

取り付け時はレンズカバーを付けていたほうがよさそう

なお取り付け部が硬めなので、振り回したりしても使っている間にすっぽ抜けてしまう感じは全くなかった

厚みもあるので引っ張って破れてしまうような感じもなく、しっかりとした作りになっている。

 

「ULH」をレンズに取り付けてみた

一番利用頻度が多くなりそうな「AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR」(口径82mm) に取り付けてみた。

24-70mm f2.8Eに「ULH」を取り付け

前から見るとこんな感じ。

前から見たところ

実は最初の写真は雲台をかなり下に向けた状態で撮っている。

雲台を水平にすると「ULH」は自重で垂れ下がってしまうくらいに柔らかい。

自重で垂れ下がるほど柔らかい

全部広げずに一部折りたたんで使うこともできる。

広角側では「ULH」自体がケラレることもあるので、その場に応じて伸ばし具合を調整する。

このレンズでは24mmだとフルで出したときに自重で垂れ下がった部分が僅かにケラレることがあったので、リスク軽減のために広角側で撮るときは1/3ほど畳んで使うようにした。

一部を折りたたんで使うことも可能

また「ULH」を逆側に折ることでレンズやカメラ本体を覆う簡易的なガードとして使うこともできる。

「ULH」は汚れたら水洗いが可能なくらいなので雨に濡れても全く問題はない。

なおこのレンズの場合は長さが足りずにカメラ本体までは覆うことができなかった。

24-70mm f2.8Eだとカメラ本体まではカバーできない

「ULH」自体はとても柔らかいので、手で摘む程度で簡単に丸めることができる。

ちょっと力を加えるだけで簡単に折り曲げられる

カメラバッグにもレンズ1本分くらいのスペースで入れることができた。

何度か持ち運んでみたが、丸め込んでしまっても本体の折り目がなくなってしまうような感じはなかった。

丸めてカメラバッグに収納もできる

次のページで実際に「ULH」を使って4箇所で撮った撮影サンプルを紹介する。

pages: 1 2

このエントリーをはてなブックマークに追加

記事へのコメント